大人ニキビ対策方法・改善方法まとめ

大人ニキビの間違ったケア

私は30代の主婦ですが、とりあえず毎朝起きたら鏡で自分の顔をチェックします。それは、ニキビができやすい体質だからです。ダイエットを気にしている人は、毎朝体重計にのっている、という人がいますが、私はダイエットはそこそこに、大人ニキビの方が気になり、いつも「 あ、今日は1個減ってる・・!! 」 「 あ、今日は2つも増えてる・・。」という具合に毎朝プチ幸せを感じたりプチショックをうけてはチェックしています。そして、そんな私にもある変化がありました・・!何ヶ月前かに薬局で化粧品のサンプルをもらったときです。エイジングケアができる、高保湿化粧水と美容液のセットでした。私はこれまで、ニキビにはジメジメした化粧品はよくない・・!!と思っていたので、さっぱり系を好んで遣っていたのですが、私も30代半ば・・。大人にきびと同じぐらいに、目じりのしわや、頬の小じわが気になるようになってきたので、エイジングケアができるのなら・・!!と思い、3日分をつかってみたんです。・・翌朝、大人にきびが悪化していないか、おそるおそる鏡を見てみると、「 ・・!! 」なんと、つぶれたニキビが膜を張って、小さくなっていたのです。二日目も3日目も、悪化するどころか、どんどんニキビが小さくなっている感じがしました。スキンケアだけでこんな早い効果は初めてだったので、このサンプルをリピートすることにしたのです。かれこれ半年はつかっていますが、すっかりにきびはキレイになり、たまにポツン、とできるぐらい。薬局のスタッフにも聞いたのですが、大人にきびには、保湿させてケアすることが大事らしいです。決して乾燥させてはダメ。十分に保湿させること。刺激も当然ダメ。洗顔は優しく。・・が鉄則です。自分は今までにきびができるのを、体質のせいにしていましたが、実は、自分のスキンケアが間違っていたようです。

大人にきびは水分と皮脂のバランスが大事!

およそ25歳を過ぎたあたりからできるにきびは「 大人にきび 」と呼ばれるものですが、これまでは、にきび専用の塗り薬や、ニキビ用の薬用化粧水、または日にち薬で治せていたので、次第に" あれっ・・? "と感じる方もいるでしょう。大人ニキビは若い頃にできる思春期にきび違ってなかなか治りにくいもので、治すのに長期間かかったり、何度もニキビを繰り返したり、本当に厄介です。しっかり治さなければ、後にできるシミの原因にもなったりするので、大人にきびとしっかり向き合いましょう。まず、大人にきびの根本的な原因というのは、過剰な皮脂分泌によるものではなく、水分不足による、肌の乾燥によるものがほとんどです。肌が乾燥すると、バリア機能が低下するので、ほこりなどのあらゆる外敵やホルモンバランスなどからだの中で起こる原因にも打ち勝つことができなくなり、ニキビができてしまうのです。また、ニキビの無い、健康的な肌は、酸化した皮脂汚れも排出させる働きをしますが、それがうまくいかなくなり、どんどん皮脂を溜め込むと、角質がたまり、皮膚はごわごわになってしまい、さらなる悪循環を起こします。 このあたりの原因が、皮脂の過剰分泌による原因と勘違いを起こしやすいのですが、健康的な肌には、適度な皮脂も必要なのです。多くも無く少なくも無い状態が、水分とのバランスを保ち、トラブルの無い肌につながるのです。乾燥させないということは、保湿することで、大人にきびの多くは解消できます。高保湿で肌への浸透力の高い化粧品を選びましょう!

巷で話題のニキビケア色々...青缶?オロナイン??

ストレスとの関係は??

肌荒れは、ストレスと関係していて、ストレスが溜まれば溜まるほど、ニキビはできやすい傾向になります。とくに大人ニキビは、ストレスととても関係をもっています。大人にきびは、20代後半ぐらいからできるにきびのことで、ストレスをはじめ、偏った食生活、生活習慣の乱れ、睡眠不足、間違ったケア、ホルモンバランス、運動不足・・など原因が幅広いのが特徴です。しかし、一貫していえることは、ストレスがさまざまな要因と結びついていることです。一般的にストレスをためている人は、自分の好きな食事をとったりして、それを解消させようとします。飲酒したり、喫煙したりすることでストレス解消する人がいますが、お酒もたばこもニキビの原因になります。当然、食生活は偏ってしまいますよね。また、ストレスを解消しようと、趣味などに没頭すると、インドア派の人は、運動不足になったり夜更かしした
りするようになります。夜更かしすれば、睡眠不足にもなります。また、ストレスを感じていると、生理周期が乱れるように、ホルモンバランスも簡単に乱れてしまうものです。大人にきびは一度できると簡単に治すことができないので、悪循環に陥りやすい肌トラブルのひとつです。日ごろからストレスをためないようにしたいのですが、人間である以上、まったく感じないわけにはいきません。自分が受け入れる部分と曲げない部分をしっかり持って自分をコントロールできるようになるといいですね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ