大人にきびには、身の回りの洗濯を。

大人にきびには、身の回りの洗濯を。

大人にきびは、20代後半からできるにきびのこと。ちょっとしたことでできてしまうとは反対に、なかなか治りにくい。といった悪循環をもたらします。にきびは、ほこりが多い場所や、髪の毛の汚れが肌についただけでも炎症を起こしてしまうぐらい単純なものです。でも、できる原因の幅が広すぎることや、さまざまな要因が結びついていることもあるので、なかなか治らないのです。そして、女性は、生理周期があります。通常月経前はニキビができやすく、月経後は肌がきれいになるといわれています。ホルモンバランスが作用しているのでなかなか複雑ですが、原因となるものに、心あたりがあれば、原因解消を実践してみましょう。身の回りの環境を清潔にすることで、意外にできにくくなります。部屋のカーテンはマメに洗っていますか?布団もマメに干していますか?髪の毛を洗うとき、すすぎ残しはありませんか?お風呂上りのタオルは毎日洗っていますか?ケータイ電話の画面はこまめにクリーナーで拭いていますか?汚れが目に見えにくいと、あまり掃除し無くなってしまいがちになります・・。が、人の肌に触れるものには、無数の菌が存在していますので、ニキビがきになる方は、身の回りのものに目をむけ、清潔を心がけるようにしましょう。

大人になってからできるニキビって、本当になかなか治らないですよね。。

10代の頃にできる思春期にきびは、性徴ホルモンの分泌が盛んで、若い頃は、傷口がすぐに治る、といった現象があるように、できてしまったにきびも治すことができていました。しかし、大人にきびは体が大人になり、安定している証拠ですが、自力で治す力は衰えているので、なかなか難しいかもしれません。そして、ニキビができると、薬を塗ったり、生活習慣を整えたり、スキンケアをしっかりしてみたり・・何かしら行動する方が多いと思いますが、間違ったケアをしている方も少なくありません。大人にきびを作らせず、早く治すのには、「 保湿 」が重要です。しっかり保湿して、じっくり治していくことです。その際に使う化粧品はしっかり選びましょう。「 アクセーヌ 」が出している、大人にきびに悩む人のためのスキンケアシリーズは、保湿力が高く低刺激で浸透力の高い" キトサン "が配合されているので、ニキビ肌でも負担無く使える数少ない化粧水。また、これだけの保湿力があるにもかかわらず、べたつかず、しっかり潤うので、ニキビ肌への効果が早く期待できます。また、大人にきびのための化粧品を探すと、洗顔のみ、化粧水と乳液のみ・・など、一貫してケアできるメーカーがあまり無く、洗顔と化粧水は別々のメーカーを使う。ということになり、化粧品の持つ本来の力が半減してしまいます。アクセーヌは、メイク落とし、洗顔、化粧水、美容マスクをセットで使うことができ、大人にきびのためのスキンケアが一通りできることで効果はよりいっそう高くなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ